弟2回 ペリカン学童ニュース(1)

@@2010年8月9日のニュースより@@

ペリカン学童誕生から1週間
 水遊びに住之江プール、みんなでカレーの材料を考え、買い物に行き、作ったカレーライス、自分ひとりで作ったいり卵や卵焼き、阪南公園に蝉取り行ったなど一杯楽しいことがあった一週間です。毎日子供たちが『学童で何をしようか』とワクワクしながら学童にやってくる姿に、指導員はもっと早く開所してあげたかった気持ちと、でも8月から開所できてよかったと感じている毎日です。みんなに一週間たって楽しかったことを聞いてみました。

 8月3日にいきいきに迎えに行ったら、1年生のAちゃんは目を輝かせて『今日、学童で何して遊ぶの?』『いきいきより学童の方が楽しいやんなぁ~』といきいきの先生の目の前で言ってしまいました。指導員としては大喜びしたいところだったですが、ここは感情を抑えて『学童で遊ぼうなぁ』と言うしかありませんでした。学童に来て一番楽しかったことは『水遊び』です。

 1年生のYちゃんは家でお母さんに『大人になっても学童行くから』と宣言しています。友達の話を聞いて、仲良く遊ぶのがとっても上手なそんなYちゃんが、1週間学童に来て1番嬉しかったことは『新しい友達ができたこと』です。初日は緊張していました。しかし日がたつごとに笑顔が増え、よくしゃべってくれるようになっています。学童で作ったカレーやいり卵をおばあちゃんの家でも作っています。学童に来て1番楽しかったことは『皆でご飯を作ったこと

 夕方4時に学校の学童から帰ってくる1年生のK陽くん、蝉取りが大好きで『今日も公園いける?』と聞いてきます。8月6日(金)に皆とプールに行った後に感想を言い合った時に1番に『プールみんなで行ったこと』話してくれました。学童に来て1番楽しかったことは『蝉取りしたこと』です。

 皆と遊ぶことが大好きな2年生のK吾くん、いつでも『皆、今日は何する?』と聞いてくれます。皆と一緒に遊びたいのに遊べなかったり、違うことをしてしまう友達が許せなくて、怒ってしまう事もありますが、皆を引っ張っていってくれます。学童に来て楽しかった事は『蝉取りをしたこと』です。

@@子供たちと一緒に作っていくペリカン学童ルール~指導員より~@@
 学童の指導員をして長年働いている栗比と学童っ子として育っているしみたんにとっては、『学童で自分の食べた皿を洗うのは当たり前』、『学童では勝手にジュースを飲むことはないのが当たり前』などなど学童で生活していく上でルールがありました。
 しかし当然、子供たちは『学童で約束』があるなんて知りませんから、いきいきから帰って来て喉が渇いているので冷蔵庫を開けて『ジュース飲んでいい?』と聞きます。指導員が『お茶飲んどき』と言うと、『なんで~?!』と聞きます。『学童ではおやつの時以外はジュース飲めへんで』と言うと、『え~』と怒ってしまいます。 おやつの皿も『何で自分で洗わなあかんの?』と聞くので、『学童は自分のことは自分でするのが約束やで』と言うと『え~』と言いながら洗っています。
 次の日からはちゃんと自分の皿も洗っているし、ジュースも飲みたいと言わなくなっています。これから1つずつ子供たちと一緒にペリカン学童の約束をつくって行きたいです。

   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック